浜松市東区で台風被害による雨樋修理と浴室の水栓交換工事

060こちらのお客様は、ホームページをご覧になってお問い合わせを頂いた浜松市東区にお住まいのお客様です。

今回は台風で雨樋が飛んでしまったので修理したいと、お電話にてお問い合わせをいただきました。

雨が降った時に雨の音が急にうるさくなってしまった方はもしかしたら雨樋の調子が悪くなっているかもしれません。屋根周りに不安がある方は必見ですよスマイル

今回事例をご紹介しているO様のお住まいは築15年ほど。新築工事を請け負った建築会社が数年前に倒産してしまい、家のことを相談する業者がいなくなってしまったことで家の事も放ったらかしになってしまっていたそうです知らない

しかし、今回は雨樋が完全に取れてしまって落ちてきたため、いよいよ修理をしなければとお考えになってインターネットで業者探しをされたことが今回のきっかけになったそうです。

屋根に登って屋根周りの点検をしていきます

 

053

早速現場に伺い、屋根に登らせていただきました。カラーベストの屋根です。

052

こちらにつながっていた「はい樋」という雨樋が取れて下に落ちてしまったようでした。「はい樋」は2階の雨水を1階部分の軒樋につなぐ樋です。

壊れたままにしておくと、見た目が悪いだけでなく1階部分の屋根に大量の雨水が伝わるため、屋根の寿命を縮めてしまいます。

042056

次の場所です。2階の雨水を排水する樋が詰まっている場所がありました。落ち葉などが詰まって水がうまく流れなくなってしまったようです。

055057

軒樋にも少し泥が詰まって閉まっているようでした。長年使用してきた樋には何かしらの詰まりの原因があることが多いので、大掃除の時などに点検するといいですよねウインク

なお、修理にあたっては同じ種類の樋を用意するのがベストなので、樋の品番も確認します。少し消えかかっていますが「PC-30」と品番を書いてある部分がありました。パナソニックで現在も製造されている樋です。これなら同じ樋を使用して修理することができそうです。

災害保険を申請します

img57257490今回の樋の破損は強風による被害で起こったものでした。となると、災害保険を使うチャンスです。

屋根の点検後、お客様が加入されている災害保険のお話を伺うと総合タイプの共済に加入されているとのことだったため、写真やお見積りをご用意してすぐに申請を進めさせていただきました。

その後、申請より2週間程度で共済金が支払われ、晴れて修理を進めることができました。今回の樋の修理工事は一部災害保険を適用することが出来たため、お客様の自費負担がほとんど無い状態まで減らすことが出来ました。

浴室の水栓交換工事をします

続いて、同時にご依頼頂いた浴室の水栓交換工事です。

063

こちらが交換前の水栓です。新築時にユニットバスに取り付いていたものです。こちらの蛇口から熱いお湯が出てこなくなったとの事で困られていました。

お湯の出が悪い時は「サーモスタット」という蛇口の内部でお湯を作る部分が壊れている可能性が非常に高いのですが、メーカーによる出張修理は材料費と技術料で2万円近くかかってしまうと予想びっくりされたので、お客様と相談して水栓交換にて対応させていただくことになりました。

水栓は長年使用すると、水をとめるパッキンや継手部材などいろいろな部分で不具合が出てくる可能性が高くなってきます。そのため、10年以上使用した水栓で不具合が出た場合は思い切って交換してしまったほうがいいと思います

SANY0281SANY0282

蛇口は既存の水栓と同じような使い勝手としていただくため、同じメーカーである「KVK」製のものを採用しましたひらめき

工事完了後は「気持ちよく最後まで工事を進めていただけました浮気者 (女性)と喜んで頂くことができました。O様、ありがとうございました!

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 浜松市東区で台風被害による雨樋修理と浴室の水栓交換工事 […]

コメントをいただけると嬉しいです

*
*
* (公開されません)