浜松市南区で外断熱工法の大規模増改築 ー 基礎工事~足場

基礎工事 (2)こちらのお客様は、亡くなったおじい様の代から30年来のお付き合いがあるお客様になります。お住まいは浜松市南区です。

今回は、母屋の築50年ほどになる部分を新しく増改築するご相談を頂き計画をさせて頂きました。

今回の計画は24年前の増改築部分を残し、50年前の左半分を解体して新しく建築します。今回は4、基礎工事~足場工事の様子です。

家の一番大事な部分は基礎と言われる事もあるくらい基礎は大事な部分です。重い家を何十年も支えるわけですし、リフォームなどで後からやり替えるという事も難しい部分ですから建築時にしっかりと工事しておかなければなりません。

まず、基礎が沈まないように砕石を敷きます

基礎工事 (8)

まず、基礎の重みがかかってもそれ以上沈まないように地盤を締め固めます。この作業を「転圧」と言います。最初に、砕いた小石である「砕石」を敷き、締め固めの機械で何度も何度も踏みつけます。

すると、平らで良く締まった基礎の下地ができあがります考え中

基礎工事 (12)基礎工事 (17)

所どころ丸くなっている穴のような部分は、地盤補強で打ちこんだコンクリの杭の位置です。この柱は基礎の荷重がそのままかかるようにするため、砕石を乗せないように避けています。

基礎の骨となる鉄筋を組みます

基礎工事 (32)

次は平らな部分のコンクリを打ちこむための準備です。外周部分に型枠を設置してから、配管など基礎の中に埋まってしまう部分を先に通しておきます

こうすれば完成した時に地面の上に配管が見えて見た目が悪くなってしまう様な事も防げますし、後から基礎や壁などの余計な部分を壊して施工しなくてもよくなります。

基礎工事 (29)基礎工事 (30)

写真は基礎の内側にたまる雨水を外に出すためのパイプです。屋根と壁が出来てしまえば基礎の中に水が溜まる事はありませんが、外装が完成する1か月程の間に基礎の内側に雨が溜まると排出が大変で、基礎に湿気も残りやすくなります

でも、このように排水パイプを準備しておくことで工事中の雨も心配ありません。見えない部分ですから1手間1手間を惜しまずしっかり施工します

基礎工事 (38)

基礎の鉄筋設置工事の「配筋」が完成しました。鉄筋の下には地面からの湿気を防ぐ防湿シートを敷いてあります。

基礎の断熱材とコンクリートを打ち込みます

基礎工事 (44)基礎工事 (46)

こちらは外断熱工法のエアサイクル工法になりますので、基礎の中も室内と同じように断熱の内側の区画と捉えて断熱材を入れる計画をします。床下に断熱材を入れるやり方が一般的で手間もかかりませんが、基礎面で断熱する方が冬場に外の冷気が伝わりにくいため寒さを防ぐ事が出来るからです

隙間なく断熱材を施工するため、基礎のコンクリートの打ち込み前に外周部に基礎の大きさにカットした断熱材を入れておきます。その後にコンクリートが入ることで断熱材がコンクリートにしっかりとくっ付きます。

基礎工事 (45)

ポンプでコンクリートを送り、職人総出ですぐに慣らしていきます。

平らにコンクリートを広げていかなければなりませんので高さをしっかりチェックしながらの作業です。やってみると分かるんですが、コンクリートは重いので慣らす作業もかなり重労働です。職人数人がかりでやらなければコンクリートが柔らかいうちに基礎をつくっておく事ができません・・・パンク

立ち上り部分の基礎を作成して土台を設置します

基礎工事 (48)基礎工事 (2)

平面部分の基礎コンクリートが固まったら立ち上がり部分の基礎を打ちます。
同じ要領で型枠を組み、コンクリートを流していきます。
お子さんからワンショット頂きました写真

型枠外し・足場 (3)型枠外し・足場 (4)

基礎の型枠が取れました。基礎の上に家の構造体と基礎のつなぎとなる「土台」を設置します。基礎にはあらかじめ写真の「アンカーボルト」を基礎に埋め込んでありますので、この時点で土台とアンカーボルトをしっかりと接続します。

型枠外し・足場 (6)

足場も組みました。上棟の日は足場を利用しながら骨組みを一気に組み立てるので先に足場を組んでおく必要があります。足場は結構揺れますあくび

これで基礎工事と骨組みを組み立てるための準備が完了しました。
次は、5、上棟と餅投げの様子をご紹介します。

浜松市南区で外断熱工法の大規模増改築 鈴木様の施工事例はこちらです

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 浜松市南区で外断熱工法の大規模増改築 ー 4、基礎工事~足場 […]

コメントをいただけると嬉しいです

*
*
* (公開されません)