浜松市南区で築31年目のビフォーアフター – 1階和室耐震リフォーム

1階北和室 (7)こちらのお客様は、昭和54年に大得工務店で新築工事をさせていただいたお客様です。お住まいは浜松市南区になります。

昭和56年以前建築基準の住宅となるため、耐震補強を兼ねて家中を大規模にリフォームさせて頂いています。

住宅設備をすべて交換したりと家中を改装する大規模なリフォームとなりました。量が多いので部屋ごとに分けてご紹介いたします。
今回は1階北和室の工事です。

住まいながらの工事となったため、1階の部屋の収納を複数工事する際に、工事中の荷物の移動や音など大変なご不便をおかけすることとなりましたが、極力効率的に工事をさせていただき、スムーズに荷物移動ができるよう場所ごとに工事を終える方式を取ることで、ご負担が少なくなるように努力しました。

和室の耐震改修とリフレッシュ工事

1階図面左上(北西部分)に位置する和室になります。1階の角と言うのは家の中でも特に強度を求められる場所になります。

今回の計画でもしっかりと耐震補強をしています。リフォーム後の様子も要チェックです。

1階北和室 (5)
1階北和室 (4)

工事前の様子です。他の部屋と同じように補強後の修復個所が少無くて済む押入の中を中心に補強します。

1階北和室 (3)
1階北和室 (2)

工事前の押入内部です。仕上材はベニヤになっていました。

1階北和室 (23)
1階北和室

押入の襖を外して、棚板と壁を取った状態です。新築時の構造材が見えますね。

1階北和室 (21)
1階北和室 (19)

補強のための金物を取り付けます。銀色の金物がそうです。

「筋交い」に付いている6角形の金物は「筋交い」の強さを出すため、柱に付いている「アンカーボルト」は地震が起きた時に建物の浮き上がりを押さえるために取り付けています。

1階北和室 (15)
1階北和室 (18)

上に「構造用合板」を張りました。「筋交い」と合わせて壁の強度を出すための部材です。壁と壁とをガッチリ固定します。

1階北和室 (13)
1階北和室 (14)

「構造用合板」の上に仕上材を張り、棚板を取り付けました。

1階北和室 (11)
1階北和室 (7) - コピー

建具を取り付けて工事完了です。小さいほうの押入はクローゼットドアにしました。大きいほうの押入は襖の張り替えもしました。

1階北和室 (12)
1階北和室 (6)

写真ですと分かりにくいですが、壁も大分変色して傷んでいました。上塗り用の砂壁で部屋全体を上塗りリフォームしています。

畳も入れ替えました。以前の畳は31年間使われた畳床でしたので、畳床ごとリフォームです。

1階北和室 (9)

完成です!襖の張り替え・壁塗り替え・畳交換 をしていますので新築みたいですね。もちろん、一番のメインは耐震補強です。家が強くなって中もキレイになりました。

伊藤様ありがとうございました!

伊藤様の同時施工事例はこちらです

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 浜松市南区で築31年目のビフォーアフター – 1階北和室耐震リフォーム […]

コメントをいただけると嬉しいです

*
*
* (公開されません)